Moto Liberty (モトリバティー)は国内正規総販売元です。ダイノジェット商品全てを取り扱っております。ダイノジェット商品のお問い合わせ及びダイナモを導入検討のお客様は、当社までお問い合わせ下さい。

ショッピング

PC(Ⅲ)USBについて 

PCⅤについて 

PCラインナップ表

関連品

PowerCommander V(パワーコマンダーファイブ)は   

  • パワーコマンダーⅢUSBを小型化しバージョンアップしたモデルで、各ギア比を読み込ませることで各ギア・各気筒ごとのセッティングも可能。
    また、オプション品の「オートチューン」を使用することにより、マップ自動補正機能が追加。
    マルチファンクションハブを使用せず下記オプション品が取付可。
    イグニッションモジュール・カラーLCDディスプレイ・オートチューン・クイックシフター・SFM・QEM・O2オプティマイザー等。

    * PCVは各車とも2009年モデルからの対応となっております。
     (品番は別紙ラインナップ表を参照下さい。)

    * 電装系(ECU・インジェクター等)のカスタマイズを行なっている場合 パワーコマンダーが
      正常稼働しない場合がございます。
      特に中古車はご注意下さい。

新型PCⅤは従来のPC(Ⅲ)USBより、下記の新機能が追加   


①:本体の小型化
②:本体に2つの異なるマップデータを保存可能で、別売スイッチにより選択可能。
③:マルチファンクションハブ機能を本体にビルトイン。
④:多彩な制御及びマップ作成が可能。
⑤:燃調の変更範囲の拡大。
⑥:オプション品に「Auto Tune Module」が新登場。
⑦:ソフト上での表示項目の充実

①:本体の小型化

・従来品に比べ、大幅に本体を小型化しました。
(本体の占有体積 約54%ダウンです。)  本体サイズ 約 W: 81mm / H: 62mm / D: 17mm (ハーネス除く)
これにより、現行のスーパースポーツ車に採用されいる より小型されたシートカウルに本体を収め易くなりました。
*あわせて本体の拡張ポートも下図の様に小型化されました。


*本体サイズ比較                                     *CANポートサイズ比較

②:本体に2つの異なるマップデータ保存可能で、別売スイッチにより選択可能

・PCV本体には異なる2つのマップデータを保存でき、別売りのハンドルバーマウントスイッチを取付ける事により、手元で2つのマップデータの選択が可能です。

*汎用のスイッチでも操作は可能です。

注)AUTO Tune KITを使用時はこの機能は使用出来ません。

③:マルチファンクションハブ機能を本体にビルトイン

・PC(Ⅲ)USBではオプション設定されていました「マルチファンクションハブ」の機能をPC(Ⅴ)では本体に内蔵しました。写真の様に本体に7つのポートを持ち、そこに情報を入力する事が可能です。これにより②で述べたマップ切替機能が可能になりました。
*7つの各ポートは以下の信号を取り入れます。
1:マップ切換用 またはオートチューンSW
2:マップ切換用 またはオートチューンSW
3:クイックシフター用
4:クイックシフター用
5:スピードセンサー インプット
6:各種(0-5V)センサー信号用
7:予備ポート(現時点ではまだ使用不可です。)


*本体の「拡張ポート」には下記のオプション品が装着出来ます。
1:POD-300(様々な情報をディスプレイ表示出来ます。)
2:AUTO TUNE KIT
3:SFM  等

④:多彩な制御及びマップ作成が可能

・車速ポートに車両のスピード信号を入力する事に依り、PCVソフトでギアポジションが認識され、各ギア及び各気筒別にマップデータの作成が可能となりました。
<例>
4気筒エンジンで、ミッションが6速の車両の場合:各気筒・各ギアごとの 最大24個のマップ作成が可能です。
また、クイックシフター使用時には各ギアごとにカット時間の設定が可能です。
本体の信号ポートに「0-5V」入力信号を入れる事により、様々なセンサーの情報が(油温、ブースト圧など)通信でき、多彩なマップ作成が出来ます。
(この信号ポートを他の表示にて使用していますと、この機能は使用出来ません。)

⑤:燃調の変更範囲の拡大

・PCⅢUSBではマップ上で燃調の入力値が「-100%から+100%」の範囲でしたが、PCVでは「-100%から+250%」まで入力可能になりました。また ツインインジェクター車ではオプションのSFMを装着することで、制御出来なかった高回転域での燃調補正が可能になりました。

⑥:オプション品に「Auto Tune Module」が新登場

・新製品の「Auto Tune Module」を使用する事により、走行するだけでソフトにて設定したA/F値に合う様、MAPデータが自動的に書換えられます。

⑦:ソフト上での表示項目の充実

・本体の信号ポートに「0-5V」入力信号を入れる事により、様々なセンサーの情報を画面表示させる事が可能です。(油温、ブースト圧など)
・ハーレー車につきましてはハーレー独自の「J1850」データを使用して、様々な情報を画面表示させる事が可能です。
・ソフトの画面表示項目も右クリックで簡単に変更できます。

トップへ戻る

Moto Liberty (モトリバティー)は、ジェットキット、ワイドバンド、パワーコマンダー、シャーシダイナモなどを販売しています。各ダイノジェット製品を購入予定のお客様は、ぜひ当社までお問い合わせください。

Moto Liberty (モトリバティー)
住所:大阪支店/ 大阪府貝塚市
TEL: 050-3803-9625
FAX: -
取扱品目: ダイノジェット製品 全般